器 

器のつくりて

 

鈴木 稔   minoru suzuki

 

1962年、埼玉県生まれ。

早稲田大学教育学部卒業。

91年より4年半、益子の陶芸家である高内秀剛氏に師事。

96年に、益子町芦沼に築窯、独立。

益子の土と釉薬を使い、割方による器を中心に制作。

個展を中心に活動。

 

暮らしの中に馴染む手作りの器には大切な想いが込められています。

ならではのぬくもりを感じながら珈琲やチャイをごゆっくりどうぞ。